ランディングページの直帰率が高い原因と解決方法

ランディングページは商品やサービスの申し込みをするためのページです。商品やサービスに興味のあるページなので、離脱率の問題があります。

離脱率が上がってしまう原因や改善策にいついて解説をしていきたいと思います。

ランディングページの直帰率とは

直帰率とは、サイトに訪問したユーザーがWebページを1ページだけ閲覧し離脱する割合のことを言います。ランディングページの場合も同様に、ランディングページに辿りついたユーザーが申し込みボタンを押さずに、そのまま離脱してしまうことを指します。

「直帰率=直帰したユーザー÷全体の訪問ユーザー」で計算することができます。

直帰率の割合

直帰率は一般的なWebサイトやランディングページによって、数値が異なってきます。直帰率の数値は以下の表になります。

ランディングページの直帰率の割合

ランディングページは元々直帰率が高いですが、商品の購入につなげるための工夫はいくつもありますので、しっかりと作り込む必要があります。

ランディングページの直帰率が高い原因

直帰率が高くなってしまう原因は多くあり、簡単な原因から高度な原因まであります。今回は代表的な原因について説明をします。

ファーストビューが悪い

ランディングページの命とも言えるヘッダーに原因が考えられます。ヘッダーの中に読者が必要している情報が無ければ、すぐに離脱をしてしまいます。

また、ヘッダーのデザインが良くない場合やテキストが読みにくい場合も離脱率を上げてしまう原因になります。

読み込み時間が長い

読み込み時間が長いと、ページから離脱してしまう原因になります。ランディングページに動きのあるデザインや容量の重たい画像があると、読み込みデータが大きくなります。

デザインを大事にすることもとても大切ですが、見る側が見やすいように工夫することもとても重要になります。

デザインに原因がある

ランディングページのデザインが見辛いものであると、ユーザーに商品やサービスの魅力が伝わりにくくなり、離脱の原因になってしまいます。

テキストが見やすく、内容が伝わりやすいように図やイラストを使うなど、一目見ただけで伝わるようなデザインを意識しなけばいけません。

求めている情報がない

ランディングページは広告から入ってくることが多いです。広告の内容とランディングページの中身に差があると、ユーザーが求めている情報と異なってしまう場合があります。

例えば、女性向けの手軽なダイエットのランディングページがあったとしましょう。コンセプトは手軽にできるダイエットなのに、実はハードなトレーニングのダイエットだと求めているものが違います。

直帰率の改善方法

ランディングページの直帰率の改善方法

ランディングページの直帰率を上げるためにできる改善策を説明します。

デザインの改善

ランディングページのファーストビュー、テキストの配置、申し込みボタンなど、デザイン全体を再度見直し、改善ができるところがないか探しましょう。

読み手が読みづらいランディングページは直帰率を高めてしまいます。

読み込み時間を短くする

ランディングページはデザインで見栄えを良くすることも大事ですが、閲覧スピードを短くすることで離脱率を減らすことにつながります。スマホで読むユーザーがとても多いので、Webページが軽くなるように、画像やイラストの容量を小さくして配置してみましょう。

広告とランディングページの中身を合わせる

広告とランディングページの中身に差があると、ユーザーにギャップが生まれてしまいます。コンセプトを合わせることで離脱率が上がることを抑制できます。

広告に使用する画像やキーワードもきちんと見直しをすることで、商品やサービスを本当に求めている人に提供することができます。

まとめ

ランディングページの直帰率は高いですが、デザインの面から改善できる点は多くあります。今作成しているランディングページの問題点を解決していきましょう。

関連記事

  1. Photoshopで写真に映る人物を簡単に消す方法を解説します

    Photoshopで写真に映る人物を簡単に消す方法を解説します

  2. Photoshop2019におけるアップデート内容まとめ

    Photoshop2019におけるアップデート内容まとめ

  3. Photoshopで人物の服装や物の色を簡単に変更する方法を解説

    Photoshopで人物の服装や物の色を簡単に変更する方法を解説

  4. 初心者でもできるphotoshopで人物の肌を綺麗に加工する方法

    初心者でもできるphotoshopで人物の肌を綺麗に加工する方法

  5. Photoshopでオブジェクトに影を付ける方法

  6. Photoshopのガイドの使い方

    Webデザイナーが知っておくべきPhotoshopのガイドの使い方

  7. 【初心者向け】Photoshopで画像や選択範囲を塗りつぶす簡単な方法…

  8. デザイナーが知るべきPhotoshopを使って文字を簡単に変形する方法5選

    デザイナーが知るべきPhotoshopを使って文字を簡単に変形する方法…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP