Photoshopのスポイトツールで色を選択や登録する方法

デザインを手がけていると、色の選択でとても迷うことがあると思います。この赤色を使ってみたいけど、カラーコードが分からなくて困った経験はありませんか?

Photoshopではスポイトツールを使うことで、どんな色でも抽出することができます。今回はPhotoshopの機能の一つであるスポイトについてご紹介をしたいと思います。

スポイトの使い方から、ちょっとしたコツやポイントについて解説をしますので、デザイン初心者はぜひ覚えてみてください。

スポイトツールの使い方

スポイトツールの使い方

スポイトツールはツールバーから選択することができます。画像にある赤枠から選択しましょう。もし、スポイトツールが見つからない場合はアイコンを長押しすることで選択欄が出てくるので、そこから見つけることができます。

スポイトツールで色を選択する

スポイトツールで画像の気になる箇所でクリックすると色を選択することができます。スポイトをドラッグしながら動かすと、選択している色をサークルに表示されます。

スポイトツールで色を選択する

自分の目で見ながら、色を確かめて選択できるので、ドラッグしながら色を決めることもできます。

スポイトで選択した色を保存する

スポイトで選択した色は保存をすることができます。気に入った色があれば、随時保存しておくことで、すぐに色を取り出すことができるようになります。

スポイトで色を保存する方法の手順はまず、先ほどと同じように気になる色を決めます。

スポイトで選択した色を保存する

色が決まったら、写真の四角のアイコンをクリックしてください。

Photoshopのスポイトの色

今回は青色にしたので、青い四角をクリックしましょう。

Photoshopのスポイトの色をスウォッチに追加

カラーピッカーでスウォッチに追加を選びます。ここで色の登録を行うことができます。ちなみに、カラピッカーの一番下にカラーコードが書いてあるので、そのコードをメモに控えておくのも一つの手です。

Photoshopのスポイトの名前

スウォッチ名で色の名前を入力し、OKボタンを押します。

Photoshopのスポイトの色を追加する

ツールバーにあるスウォッチに行くと、先ほど登録した色が追加されます。気になる色があれば、どんどん登録をしてデザインに活かしていきましょう。

スポイトを使う上でのポイント

スポイトツールを使う時、Photoshopに画像を取り込んでから色を選択することが一般的です。しかし、毎度画像を取り込む作業というのは少し面倒だと感じると思います。

スポイトで色を抽出するのは、画像を取り込まなくてもできる方法があります。

スポイトツールにした状態でそのままPhotoshopの画面の外でドラッグします。すると、画面の外の色を選択することができるようになります。

Photoshopの画面の外でスポイトの色を選ぶ

ショートカットキーからスポイトを選択

ツールバーからスポイトを選択するのは面倒だと感じる方はショートカットキーを使用してみましょう。スポイトツールのショートカットキーはキーボードのIを押せば、簡単に選択することができます。

スポイトのショートカットキー:I

ショートカットキーを使えば、作業の効率化を図ることができるので、とても便利です。

まとめ

スポイトツールは使い方さえ覚えることができれば、簡単に様々な色を追加することができます。カラーコードが分からない時や、色を追加したい時は使っていきましょう。

関連記事

  1. ランディングページの直帰率が高い原因と解決方法

  2. Photoshopで人物の服装や物の色を簡単に変更する方法を解説

    Photoshopで人物の服装や物の色を簡単に変更する方法を解説

  3. Photoshop2019におけるアップデート内容まとめ

    Photoshop2019におけるアップデート内容まとめ

  4. Photoshopを使い、画像に雪を降らせる方法を詳しく解説!

    Photoshopを使い、画像に雪を降らせる方法を詳しく解説!

  5. デザイナーが知るべきPhotoshopを使って文字を簡単に変形する方法5選

    デザイナーが知るべきPhotoshopを使って文字を簡単に変形する方法…

  6. Photoshopで画像を簡単に左右反転させる方法

  7. 【初心者向け】Photoshopで画像や選択範囲を塗りつぶす簡単な方法…

  8. Photoshopでオブジェクトに影を付ける方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP