Photoshop2019におけるアップデート内容まとめ

Photoshop2019におけるアップデート内容まとめ

Adobeが2018年10月15日に「Photoshop CC」「Illustrator CC」「InDesign CC」「Premiere Pro CC」といった多くの方が活用しているアプリのアップデートを行いました。

そのなかで、今回の記事では「Photoshop CC」にポイントを絞ってアップデートされた新機能やコマンドの変化について解説していきます。

多くの機能が追加されているなかで、特に便利なものをいくつかピックアップしてまとめていくので是非活用していただければと思います。

Photoshop 2019におけるアップデートの内容

Adobe公式で発表されているPhotoshop 2019のアップデート内容は以下のようになっています。

・コンテンツに応じた塗りつぶしが一新
・マスキングが簡単なフレームツール
・マッチフォント
・複数の操作を元に戻す
・操作性の機能強化
・ライブ描画モードプレビュー
・シンメトリーモード
・カラーホイール
・ホーム画面
・アプリケーション内学習機能の向上
・ユーザーのリクエスト
・UIの大きさ設定
・使いやすくなった書き出し形式メニュー
・その他の強化機能

引用元 Adobe.com

これをみてもわかるように、とても多くのアップデートがなされ日々の仕事や作業においてよく使うものからほとんど使わない機能まで細かな部分が修正・変更されています。

アップデート内容1:コンテンツに応じた塗りつぶし

Photoshop 2018から2019にアップデートされた内容の中で最も変化したと言ってもいいものがこの「コンテンツに応じた塗りつぶし」の機能です。

このような機能は以前からあったのですが、とても使いにくく使う人はほとんどいないというのが以前のPhotoshopでした。

しかしアップデートによりAIの機能も十分に期待できるレベルとなったため、かなり使いやすいツールになりました。

例えば、下の画像の中で、スプーンの部分のみを消すとします。Photoshopのアップデートにおける新機能「コンテンツに応じた塗りつぶし」消し方としては、まず左のツールバーにある「なげなわツール」によってスプーンの周りを囲みます。囲む際はあまり神経質にならなくても大丈夫です。Photoshopのアップデートにおける新機能「コンテンツに応じた塗りつぶし」囲み終わったら「編集」→「コンテンツに応じた塗りつぶし」と選択します。Photoshopのアップデートにおける新機能「コンテンツに応じた塗りつぶし」すると、下のように画像の内容に応じて塗りつぶし機能が適用され、違和感なくスプーンの画像を消すことができます。Photoshopのアップデートにおける新機能「コンテンツに応じた塗りつぶし」塗りつぶしが新規レイヤーとして保存されているので、後の編集もかなり楽になります。また、少し違和感があるのであれば、ここからスタンプコピーなどを用いてさらに修正することになります。

この塗りつぶしをほぼ全自動で時間をかけずに行えるようになったことが大きな変更点といえるでしょう。

アップデート内容2:フレームツール

アップデートにより新たに追加された新機能の2つ目として「フレームツール」というものがあります。

フレームツールをうまく使いこなすことによって今までよりも簡単にマスクを作成することができます。マスクをを作成する際は、まず左のツールバーから「フレームツール」を選択します。

Photoshopのアップデートにおける新機能「フレームツール」次に、画像の中で選択したい範囲を作成します。Photoshopのアップデートにおける新機能「フレームツール」そして、新しい画像をドラッグ&ドロップするだけで簡単にフレームの中に入れることができます。Photoshopのアップデートにおける新機能「フレームツール」完成品は下のようになります。Photoshopのアップデートにおける新機能「フレームツール」ちなみに、フレームの形は長方形だけでなく、楕円型もあるのでぜひ使ってみてください。

アップデート内容3:コマンドの変化

今までのPhotoshopは操作を戻したり、進めたりするショートカットキーが他のアプリとは違いましたが、そのコマンドが同じ仕様に変更されました。

元に戻すコマンドはControl+Z(Windows)/Command+Z(Mac)となっているので確認してみてください。

ちなみに、動作を戻す/進めるといったショートカットキーはまとめると以下のようになります。

■Control+Z(Windows)/Command+Z(Mac)…動作を1つ戻す
■Shift+Control+Z(Windows)/Shift+Command+Z(Mac)…動作を1つ進める
■Control+Alt+Z(Windows)/Command+Option+Z(Mac)…最後の状態の切り替え

アップデート内容4:ダブルクリックによるテキスト編集

Photoshopのアップデートにおける新機能「ダブルクリックによるテキスト編集」移動ツールからテキストツールに変更して文字の編集を行う際に、一回一回テキストツールに変える必要がなくなり、文字をダブルクリックするだけで編集できるようになりました。

今まではこの切り替えが地味に面倒と感じていた人も多かったので、かなりいい変更点となっています。

アップデート内容5:文字の縦横比固定

Photoshop2018年版までは、縦横比を固定して大きさを変えたりする際はShiftを押しながら動かす必要がありましたが、Photoshop2019年版からはShiftを押す必要がなくなりました。

逆に、縦横比を変えて拡大・縮小したい際はShiftを押しながら移動させることでできるようになります。

アップデート内容6:描画モードのプレビュー表示

Photoshopのアップデートにおける新機能「レイヤー描画モードのプレビュー表示」描画モードを選択する際にプレビュー表示がされるようになったので、いちいち確かめる必要がなくなりました。画面上をスクロールするだけで自動で外観を確認することができます。

様々な描画モードを一瞬で見ることができるので作業がかなり効率化されるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

Photoshop2019では今まで使いにくかった機能が変更され、とてもよいアップデート内容となりました。

ぜひこの記事を参考にしてPhotoshopをうまく活用し、作業を効率化していただければと思います。

関連記事

  1. Photoshopでオブジェクトに影を付ける方法

  2. Photoshopで人物の服装や物の色を簡単に変更する方法を解説

    Photoshopで人物の服装や物の色を簡単に変更する方法を解説

  3. デザイナーが知るべきPhotoshopを使って文字を簡単に変形する方法5選

    デザイナーが知るべきPhotoshopを使って文字を簡単に変形する方法…

  4. 【デザイン初心者必見】Photoshopのブラシツールの使うポイント

  5. デザイン初心者覚えたいPhotoshopのフィルターの使い方や種類につ…

  6. クリスマスで便利なPhotoshopのテクニックやフォント、ブラシを紹介!

    クリスマスを彩るPhotoshopのテクニックやフォント、ブラシを紹介…

  7. Photoshopのガイドの使い方

    Webデザイナーが知っておくべきPhotoshopのガイドの使い方

  8. Photoshopで写真に映る人物を簡単に消す方法を解説します

    Photoshopで写真に映る人物を簡単に消す方法を解説します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP