Webデザインのジャンプ率の役割と使い方のポイント

Webデザインのジャンプ率の役割と使い方のポイント

Webデザイナーがホームページやランディングページのデザインをする際に必ず気をつけることがジャンプ率です。ジャンプ率を使うことでデザインのクオリティを上げることができます。

今回はジャンプ率とはどのような役割や効果があるか、デザインにおけるジャンプ率のポイントについて解説を行います。

ジャンプ率とは

ジャンプ率とはデザインにおいて、文字や画像の大きさが大きいものと小さいものの比率のことをジャンプ率と言います。ジャンプ率が高いことは文字同士の大きさの比率が高いので、メリハリがあり見る人に印象を与えやすいことになります。

一般的にジャンプ率が高いデザインは若者向けやメリハリが高く、ジャンプ率が低いデザインは落ち着きがあり、高級感のあるものになります。

Webデザインにおけるジャンプ率の役割

Webデザインにおけるジャンプ率の役割

ジャンプ率の役割にはどのようなものがあるのでしょうか?Webデザインにおけるジャンプ率の主な3つの役割をご紹介します。

デザインにメリハリをつける

ジャンプ率が高ければデザインにメリハリが付きます。メリハリが付くことで、目に止まりやすく流し見の軽減につながります。ジャンプ率が高いことで視覚的な訴求効果が高まります。

特に企業の商品やサービスを紹介するホームページやランディングページでは、ジャンプ率が高いだけで良いイメージの向上につながります。

見る人に伝えやすくする

最近はスマホやパソコンで情報を閲覧をする時に、ほとんどを流し見をしています。流し見をされてしまうと、伝えたい内容が伝わらなくなり商品購入やサービス利用の機会を損失することにつながります。

より情報をパッと伝えるためにはジャンプ率を高めることは欠かせません。もちろん、ただジャンプ率を高めれば良いというものではなく、商品やサービスを利用するターゲットに合わせたジャンプ率が必要です。

印象を変える

ジャンプ率は見る人の印象を左右します。文字の大きさの比率、図や写真の大きさや配置によってデザインの印象は180度変わります。

ジャンプ率が高い

ジャンプ率が高いデザインは明るい、躍動感、若者向けといった強弱の強いデザインになります。バナー広告、電車広告など一瞬人の目に入る広告にでよく使われています。

ジャンプ率が低い

ジャンプ率は低いデザインはパッと目に入るデザインとは違い、落ち着きのあるデザインです。情報をしっかりと読んで欲しいデザインでよく使われます。

ジャンプ率を使用したデザイン

実際にジャンプ率を使ったデザインの例を見ていきましょう。ジャンプ率の高いデザインと低いデザインの違いを見れば、ジャンプ率の効果の必要性は分かると思います。

ジャンプ率の高いデザイン

ジャンプ率の高いデザイン

文字の大小が違うことで、デザインの伝えたいメッセージが読み手にパッと分かりやすくなります。デザインを行う時は一番重要な内容をジャンプ率を高めることが大切です。

ジャンプ率の低いデザイン

ジャンプ率の低いデザイン

ジャンプ率が低いと目に留まりにくく、伝えたい内容も伝わりません。印象も薄くなってしまうことがあります。

ジャンプ率を高める方法

ジャンプ率を高める方法

Webデザイナーが覚えておきたいジャンプ率を高めるポイントについてご紹介をしていきたいと思います。

文字の大きさを変える

文字の大きさを変えることはとても一般的な方法です。伝えたい内容、強調したい部分の文字の大きさを変えましょう。文字の大きさを変えることでメリハリが付くので、印象が

文字の色や太さを変える

文字の色や太さを変えることもジャンプ率を高めることもできます。色や太さを変えることで見る人の目に止まるので、とてもおすすめです。どの文字や色を変えるか難しいかもしれませんが、伝える上で重要な文字を変えることが良いです。

文字のカーニングを行う

カーニングは文字間を調整することです。文字間を調整することで、デザインの印象を変えることができます。特にキャッチコピーや見出しではカーニングを行うことで、デザインのクオリティを上げることができます。

まとめ

ジャンプ率はデザインの見た目の印象や情報の伝えやすさで、重要な役割を担っています。Webデザインでジャンプ率を意識することがとても大事なので、意識して使ってみましょう。

関連記事

  1. 【ジャンル別】初心者WEBデザイナーが基本スキルを独学するときに参考にしたい本

    【ジャンル別】初心者WEBデザイナーが基本スキルを独学するときに参考に…

  2. Webデザインで覚えておくべきPhotoshopのショートカットキー

    Webデザインで覚えておくべきPhotoshopのショートカットキー

  3. Webディレクターとはどのようなスキルが必要なのか?

    Webディレクターとはどのようなスキルが必要なのか?

  4. WEBデザイナーが準備すべきパソコンとは?必須スペックと失敗しない選び…

  5. Webデザイナーが覚えておきたいWebデザインの余白の役割と使い方

  6. Webデザインのスキルアップになる模写の方法とは

    Webデザインのスキルアップになる模写の方法とは

  7. Webデザイン初心者が覚えておきたいフォントの選び方

    Webデザイン初心者が覚えておきたいフォントの選び方

  8. Webデザイナーが知っておくべきポートフォリオの作成方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP