Webデザイナーが知っておくべきポートフォリオの作成方法

Webデザイナーが就職や仕事の案件を獲得するためにポートフォリオは必要になります。今回はポートフォリオを作成する方法や注意点について解説をします。

ポートフォリオとは

Webデザイナーのポートフォリオの作成方法

ポートフォリオとは自分が作成したデザインを冊子にまとめた作品集のようなものです。就職活動や案件獲得で、自分がどのようなデザインができるのか、スキルを持っているのかを示すためにポートフォリオは必要になります。

自分の経験、スキル、強みを理解してもらうための一番の近道になるので、Webデザイナーとして仕事をしていくなら必須になるアイテムです。

ポートフォリオの構成

ポートフォリオの構成として、表紙、目次、プロフィール、デザイン作品になります。それぞれについて解説をします。

表紙

表紙にはタイトルと自分の名前を記入しましょう。ただテキストを配置するのではなく、見栄えや見やすさなどを考慮してデザインする必要があります。

表紙はポートフォリオの顔に当たる部分になるので、手を抜かずに作成をしましょう。

目次

目次にポートフォリオにはどのような情報があるのか明記します。それぞれのタイトルとページ数を書いておくと、担当者も見やすくイメージしやいので必ず明記いておきましょう。

また、例でいくつかデザインを載せておくと、一目で分かりやすくなるのでオススメです。

プロフィール

プロフィールはあなた自身の情報を書く部分です。デザイナーとしてのスキル、志望動機など必要な情報を書いていきましょう。

デザイン作品

ポートフォリオのメインとも言えるのがデザイン作品です。自分が作成したデザインは見やすさを考えながら配置していきましょう。Webサイトやバナー広告などカテゴリー別に作る方が良いです。

ポートフォリオの作り方

Webデザイナーのポートフォリオの作成方法

ポートフォリオを作成の方法やポイントについて解説をします。初めてポートフォリオを作成する方は参考にしてください。

Illustratorで作成する

ポートフォリオを作成する時はIllustratorを用いましょう。Illustratorで作成すると簡単にPDF化にできるので、とても便利です。必要なページ分だけアートボードを作成して、作り込んでいきます。

実績が少ない場合は自分で内容を増やす

Webデザイナーを始めたての方やこれから案件を探す方に多いのが、実績があまりないことです。実績がないと案件を獲得できないのではないかと感じる方も多くいますが、そんなことはありません。

実績がない時は自分で作品を増やしてみましょう。デザインの練習になりますし、自分が得意とするデザインや分野を知ることにもつながります。

Web媒体と紙媒体の両方を作成する

ポートフォリオはWeb媒体と紙媒体の両方を作成することがオススメです。Web媒体は企業に直接データを送ることができ、すぐに見てもらうことができます。

紙媒体は面接で担当者に持参して見てもらうことができます。Webデザイナーの案件を獲得する時にどのような場合でも対応できるようにしておくのが無難なので、しっかりと準備をしておきましょう。

ポートフォリオの注意点

ポートフォリオを作成する上で注意するべき点があります。以下の2つ点は気をつけながらポートフォリオを作成していきましょう。

見る人に配慮したデザインで作成

ポートフォリオでも見やすさを意識したデザインを心がけましょう。ポートフォリオからあなたのデザインスキルや経験が伝わるので、丁寧に作る必要があります。

誤字脱字に気をつける

ポートフォリオ作成で最も大事な部分が誤字脱字の確認です。誤字脱字があると、実際のデザインの仕事で細かなミスがあるのではという印象を与えてしまいます。

ポートフォリオを作成し終わったら、何度も確認して完璧な状態に仕上げましょう。自分の確認だけでは不安な場合は、誰かに確認をしてもらうこともオススメです。

まとめ

ポートフォリオの作成は今まで自分が作成したデザインをまとめる作業ではありますが、他人が見てあなたのデザインの強みや完成度を知ってもらうための重要なものです。

 

関連記事

  1. Photoshopで人物やアイコンの背景を透過する方法

    Photoshopで人物やアイコンの背景を透過する方法

  2. Webディレクターとはどのようなスキルが必要なのか?

    Webディレクターとはどのようなスキルが必要なのか?

  3. Webデザインの配色で押さえておきたい3つの基本

    Webデザインの配色で押さえておきたい3つの基本

  4. Webデザイナーが覚えておくべきWebサイトのコンセプトの知識

    Webデザイナーが覚えておくべきWebサイトのコンセプトの知識

  5. Webデザインのスキルアップになる模写の方法とは

    Webデザインのスキルアップになる模写の方法とは

  6. WEBデザイナーが仕事で使える「無料で商用利用できる背景素材サイト」8…

  7. 【ジャンル別】初心者WEBデザイナーが基本スキルを独学するときに参考にしたい本

    【ジャンル別】初心者WEBデザイナーが基本スキルを独学するときに参考に…

  8. Webデザインのジャンプ率の役割と使い方のポイント

    Webデザインのジャンプ率の役割と使い方のポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP